TOEFL(トフル)の準備 | 必殺!英語の勉強サイト -英語ペラペラへの道-

TOEFL(トフル)の準備

TOEFL(トフル)の準備

さてよく耳にするTOEFLとは、

いったいどのようなものなのでしょうか。

皆さん、こんにちは、アステカです。

本日は、留学準備の中でも、一番最初に取り組むことが必要な、TOEFL(トフル)について述べたいと思います。

1.TOEFL(トフル)とは?

TOEFLは、海外の大学、大学院に入学するために、希望先に点数を提出する英語テストです。

現在、ほとんどの大学、大学院で、入学条件にTOEFLの点数が必要とされます。

(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドを含む130カ国の7000の大学、大学院への入学に必要)。

ですので、

とりあえず留学したいと思っているんだけど、場所も学校も専攻も決まっていない

という場合でも、TOEFLは受験しておきましょう。

TOEFLは、何回受験してもOKです。

最初から高得点が出たらそれに越したことはないですが、これがなかなかやっかいなテストです。

だから、時間をかけて取り組みましょう。

2.TOEFLの内容

日本の会場は、すべてインターネットベースのテストになります。

Reading(60-100分)-3~5つのアカデミックな文章。それぞれ700語程度で、36~70個の質問。

Listening(60-90分)-4~6個の講義、ディスカッションを聴いて、質問に答える。34~51個の質問。

【休憩 10分】

Speaking(20分)-2つのトピックに対して意見を述べる。4つの文章あるいはリスニングの内容をもとにしゃべる。

Writing(50分)-1つの文章あるいはリスニングの内容をもとに書く。1つのトピックに対して意見を述べる

試験時間は

とにかく長い

です。ライティングのころには頭が朦朧としてきます。

日ごろから英語に慣れ親しんでいないと、かなり疲労します。

3.費用

200USドル

4.会場

愛知、福島、福岡、北海道、鹿児島、神奈川、京都、宮城、宮崎、長崎、岡山、沖縄、大阪、静岡、東京

5.受験登録方法

ETS(Educational Testing Service)のウェブサイトからTOEFLをクリックしてRegister for the testをクリック

6.対策

TOEFL用の参考書をやって、傾向と対策をマスターするのは、「心の準備」として必要かもしれません。

しかしそれ以上に必要なのは、TOEFLに関係なく英語を読む、聴く、書く、話すのトータルの力です。

参考書で一生懸命に覚えた熟語とか単語って、本番ではなぜか出ないですよね?

日ごろから、英語を読んで、聴いて、英語に慣れ親しんでおくことが大事です。

先にも述べましたように、長時間のテストです。付け焼刃では、体力的に疲れたときに役に立ちません。

自然と英語が目から、耳から入るようなトレーニングが必要です。

TOEFL対策書よりも、ニュースを英語で聞く、英文を読むということが大事です。

2010年11月26日 | |

カテゴリー:

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

名前:アステカ

所在地:アメリカ合衆国

出身地:東京

血液型:B

好きなスポーツ:格闘技全般

趣味:英語、スペイン語、旅行

【履歴】

1977年: 家族と渡米

1980年: 日本帰国

2003年: 留学のため渡米

2005年: MBA取得

東海岸で就職、現在に至る

詳しい自己紹介はこちらから!

英語の勉強について、アメリカの生活に関して、

留学に関する質問などなど、

私でよければいつでも相談してください。

ご質問、ご相談はこちらから

お気軽にご連絡ください!

当サイトはリンクフリーです。

特に連絡もいりません。

相互リンクも大大募集中です。

お気軽にメールでご連絡ください。

*他ジャンルでも大歓迎です。

(C) 2010 アステカ .

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!